兵庫県建設国民健康保険組合 建設産業に従事する組合員と家族の健康を守るための保険組合です
→ TOPページ   → 個人情報保護について   → お問合せ先


  • 建設国保のしくみ
  • 建設国保に加入するとき・やめるとき
  • 事業の形態・就労状態などが変わったとき
  • 家族の異動や住所変更のとき
  • 建設国保の保険料
  • 保険証の取り扱いは大切に
  • お医者さんにかかるとき
  • 払い戻しが受けられる医療費とその他の給付
  • 医療費が高額になったとき
  • 柔道整復師にかかる方へ
  • 70歳?74歳の人の医療
  • 一部償還払い制度
  • 交通事故について
  • 労災事故について
  • 建設国保で診療が受けられないもの
  • 健診事業
  • その他の保健事業

お問合せ
お知らせ
関連リンク
各種書類のダウンロード
よくある質問
けんこうCooKing 簡単&元気レシピ
健康診断
 

柔道整復師にかかる方へ

ケガのイメージイラスト

 柔道整復師(整骨院や接骨院)にかかるときは、保険証が使えるものと使えないものがあります。  次のことに注意して、適正な治療を受けられるようお願いします。


●柔道整復師(整骨院や接骨院)にかかるときの注意

  • 保険証が使えない場合がありますので、負傷原因(いつ、どこで・何をして、どんな症状があるのか)を正確に伝えてください。
  • 柔道整復師(整骨院や接骨院)が患者に代わって保険請求を行うため、柔道整復師(整骨院や接骨院)にかかるときには、「療養費支給申請書」の 委任状欄に署名しなければなりません。この申請書には傷病名や施術内容、回数などが記載されているのでよく確認してから署名または捺印をしてください。
  • 治療が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますので、医師の診察を受けましょう。
○ 保険証が使える場合 × 保険証が使えない場合(全額自費)
打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む)、挫傷など負傷原因が外傷性であることがはっきりしている場合
【負傷例】 スポーツ中に転んで膝を打った。
日常生活のなかの疲れや肩こり
あんま・マッサージ代わりの利用
スポーツなどによる肉体疲労
加齢による腰痛や五十肩の痛み
脳疾患後遺症などの慢性病
漠然とした施術
神経痛(リウマチ・慢性関節炎など)
事前に医師の診察と同意がある骨折、脱臼 【原則】負傷原因が労働災害に該当する場合
または、通勤途上におきた負傷
応急手当をする場合の骨折、脱臼
(応急手当後の治療は医師の同意が必要)
同一の負傷について、同時期に病院(整形外科など)の治療を受けているときの整骨院や接骨院にかかった費用
※負傷の状態の確認のために定期的に医師の検査を受ける場合や、継続して施術が必
 要かについて確認するために対診して施術することは可能ですので、このような場合は
 医師の指示を得てその旨を柔道整復師に申し出てください。


TOPページ :: 個人情報保護について :: 各種書類のダウンロード :: よくある質問 :: お問合せ

〒652-0816 神戸市兵庫区永沢町4丁目1番6号 / 電話 : 078-575-0012 / FAX : 078-576-8967
Copyright © 2005 兵庫県建設国民健康保険組合 All Rights Reserved.