兵庫県建設国民健康保険組合 建設産業に従事する組合員と家族の健康を守るための保険組合です
→ TOPページ   → 個人情報保護について   → お問合せ先


  • 建設国保のしくみ
  • 建設国保に加入するとき・やめるとき
  • 事業の形態・就労状態などが変わったとき
  • 家族の異動や住所変更のとき
  • 建設国保の保険料
  • 保険証の取り扱いは大切に
  • お医者さんにかかるとき
  • 払い戻しが受けられる医療費とその他の給付
  • 医療費が高額になったとき
  • 柔道整復師にかかる方へ
  • 70歳〜74歳の人の医療
  • 一部償還払い制度
  • 交通事故について
  • 労災事故について
  • 建設国保で診療が受けられないもの
  • 健診事業
  • その他の保健事業

お問合せ
お知らせ
関連リンク
各種書類のダウンロード
よくある質問
けんこうCooKing 簡単&元気レシピ
健康診断
 

交通事故について


提出書類について

1. 加害者負担が原則

 交通事故など第三者の行為によるケガなどの治療費は、原則として加害者(第三者)が負担すべきものです。しかし、必要な手続きを取れば、一時的に建設国保で治療をうけることができます。この場合、加害者が負担すべき費用を、組合が一時立て替えて負担し、あとで被害者(被保険者)に代わり組合が加害者から返してもらうことになります。(国民健康保険法第64条:損害賠償請求権)
 ただし、被保険者の過失が大きい場合などは、給付制限の対象として治療費の全額または一部を返してもらうこともあります。

※自転車と自転車、自転車と歩行者、歩行者と歩行者の事故も第三者行為になります。

2. 建設国保に「届出」をすれば保険証を使って治療が受けられます

 交通事故など、第三者による傷害で建設国保を使うときは、法律で直ちに届出ることが定められています。もし、届出をしないと建設国保が負担した治療費を返してもらうことになりますので、必ず組合に届出てください。(単独事故、同乗者事故なども同様です。)
 (国民健康保険法施行規則第32条の6:第三者の行為による被害の届出)

3. 示談は慎重に

 加害者と示談するときは、建設国保が払った治療費の負担や、後遺症がでたときの弁償などの問題もありますので、必ず組合に連絡し、相談してからにしてください。
  一旦示談すると特別な事情がない限り、後で変更や取消しをすることはできません。
交通事故にあったら…
必ず警察へ交通事故の届出をし、負傷による治療をうけるときは「人身事故」扱いの届出をしてください。





TOPページ :: 個人情報保護について :: 各種書類のダウンロード :: よくある質問 :: お問合せ

〒652-0816 神戸市兵庫区永沢町4丁目1番6号 / 電話 : 078-575-0012 / FAX : 078-576-8967
Copyright © 2005 兵庫県建設国民健康保険組合 All Rights Reserved.