兵庫県建設国民健康保険組合 建設産業に従事する組合員と家族の健康を守るための保険組合です
→ TOPページ   → 個人情報保護について   → お問合せ先


  • 建設国保のしくみ
  • 建設国保に加入するとき・やめるとき
  • 事業の形態・就労状態などが変わったとき
  • 家族の異動や住所変更のとき
  • 建設国保の保険料
  • 保険証の取り扱いは大切に
  • お医者さんにかかるとき
  • 払い戻しが受けられる医療費とその他の給付
  • 医療費が高額になったとき
  • 柔道整復師にかかる方へ
  • 70歳?74歳の人の医療
  • 一部償還払い制度
  • 交通事故について
  • 労災事故について
  • 建設国保で診療が受けられないもの
  • 健診事業
  • その他の保健事業

お問合せ
お知らせ
関連リンク
各種書類のダウンロード
よくある質問
けんこうCooKing 簡単&元気レシピ
健康診断
 

労災事故について

1. 仕事中にケガをしたとき

 仕事中のケガや仕事が原因でなった病気(職業病)、あるいは仕事の行き帰りの事故(通勤災害)によるケガなどは、労災保険で治療を受けるのが原則です。建設国保では労災保険を優先するため、労災事故で建設国保を使った場合は、治療費の全額を本人もしくは事業主から返してもらい、改めて労災保険に給付請求の手続きをしていただきます。

 また、労災認定を受けると、健康保険で治療を受けるときに必要とされる自己負担金がなく全額給付され、しかも休業補償および後遺障害補償などもありますので、疾病の程度に関わらず最初から労災保険の給付を受けてください。
(建設国保はすべての組合員の事業所および一人親方に労災保険への加入と全面適用をすすめています。)

労災保険法の適用を受ける労働者は、職業の種類のいかんを問わず、同法の適用をうける事業(適用事業)に使用される労働者で、賃金を支払われるものをいいます。
労働者であれば、常用、臨時雇い、日雇い、アルバイト、パートタイマーなどの雇用形態は関係ありません。

2. 労災保険に加入しよう(事業主・一人親方も特別加入できます)

 労災保険は、労働者やその家族の生活を守るためには欠かせないものです。
 労災保険は「労働者」(他人から使われ、賃金を支払われる者)に対する保護を目的として、国が運営している制度です。

@当然(強制)適用事業所(法律で義務づけられている)

 建設事業では、一人でも人を使う事業主は必ず加入しなければなりません。
 事業主が故意または重大な過失により、労災保険に加入していなかったときは、政府はそれに要した費用の全額または一部を事業主から徴収し、併せて保険料をさかのぼって徴収します。(費用徴収制度)

A特別加入制度(任意加入)

 労災保険は本来、労働者の負傷、疾病、障害または死亡に対して保険給付を行う制度ですが、事業主・一人親方も労働者に準じて保護することが適当であると認められる者は、特別に加入できる制度です。

3. アスベストによる健康被害と労災保険について

 アスベストを取り扱う(または以前に取り扱っていた)建設労働者の中で、じん肺、肺がん、悪性中皮腫などアスベストとの関連性が指摘されている病気の疑いがある方は、労災保険の申請ができる場合もありますので、所属労働組合に相談してください。
 なお、集団健診を受診した組合員を対象に、専門医による胸部エックス線写真の再読影を行い、有所見者には個別通知しています。(労働組合が実施する健診参照)

労災保険については、所属労働組合(労働保険事務組合)にお問い合わせください。



TOPページ :: 個人情報保護について :: 各種書類のダウンロード :: よくある質問 :: お問合せ

〒652-0816 神戸市兵庫区永沢町4丁目1番6号 / 電話 : 078-575-0012 / FAX : 078-576-8967
Copyright © 2005 兵庫県建設国民健康保険組合 All Rights Reserved.